カテゴリー別アーカイブ: 環境構築

VSC2013:インクルード、ライブラリパスの設定

プロジェクト毎にパスを設定するのではなく、環境として設定する方法をF氏に教えていただいたので、忘れないようにメモしておく。

C:\Users\ゆーざ名\AppData\Local\Microsoft\MSBuild\v4.0\Microsoft.Cpp.Win32.user.props

というファイルがあるので、それを以下のように修正するとよい

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?> 
<Project DefaultTargets="Build" ToolsVersion="4.0" xmlns="http://schemas.microsoft.com/developer/msbuild/2003">
<PropertyGroup>
<IncludePath>$(IncludePath);C:\boost\boost_1_57_0</IncludePath>
<LibraryPath>$(LibraryPath);C:\boost\boost_1_57_0\stage\lib</LibraryPath>
</PropertyGroup>
</Project>

boost 1.57.0 を VSC2013 VC++ でビルドしますた

  1. http://sourceforge.net/projects/boost/files/boost/1.57.0/ から zip ファイルをダウンロード
  2. 解凍し、そのディレクトリをコンソールで開く
  3. bootstrap.bat を実行
  4. .\b2 を実行

延々とビルドし、警告がたくさん出たけど、以上でとりあえずビルドは出来たみたい。

boost_1_57_0 の場所を VC++ のインクルードパスに、stage/lib をライブラリパスに追加する