カテゴリー別アーカイブ: ファイヤー アルパカ(FireAlpaca)

FireAlpaca>トレースをやってみよう

お絵かき初心者は、まずはトレースからやってみるといいのではないだろうか。
そこそこ上手そうに見える絵ができあがるので、それなりに楽しいぞ。

思ったところに思ったように線を引く練習としては充分だ。
あと、画像を見るだけではなかなかわからない細部まで確認できるといメリットもあるぞ。

      1. 画像検索などで元絵を探してくる
      2. Ctrl + V で貼り付ける
      3. Ctrl + T で変形モードにし、適度なサイズ・位置にする
          1. 変形モードで、四隅あたりにマウスカーソルを持ってくると、マウスカーソルが太い上下左右矢印になるので、その状態でドラッグすると、上下左右の比率を保ったまま拡大縮小できるぞ。
          2. 移動・拡大が終わったら、Enter を押して、変形モードを終了するのを忘れずに

        temp

      4. 元絵レイヤーの不透明度を50%とかにする
      5. 元絵レイヤーを下層に移動
      6. temp
  1. 新規レイヤーでトレースする
    1. この時、新規レイヤーを選択するのを忘れると、元絵レイヤーに描いてしまうので、注意だ(おいらはその失敗を何度もやっている)。
    2. temp
  2. 元絵レイヤーを非表示にして出来上がり
    1. temp

FireAlpaca>手ぶれ補正

ツールバーで「手ぶれ補正」の設定ができるぞ。

temp

デフォルトは0だが、ドロップダウンで20まで選択することが出来る。
数字を大きくすると手ぶれが補正されるので、スムースな線を描くことができる。
数字を大きくし過ぎると、微妙な線が描けなくなる。

おいらは、いまのところ15に設定しているぞ。