カテゴリー別アーカイブ: ファイヤー アルパカ(FireAlpaca)

ファイヤーアルパカ > 塗り残しを無くそう

ペンで線画を描き、バケツツールで塗りつぶすと、下図のように塗り残しが出来る場合があります。

temp

これを防ぐには、ツールバーで、拡張ピクセル数を 2 または 3 に設定します。

temp

そうしておいて、バケツツールで塗りつぶすと、下図のように塗り残しができず、綺麗に塗れます。

temp

ファイヤーアルパカ>塗りつぶさない矩形描画

ファイヤーアルパカには、塗りつぶし矩形機能はあるのに、何故か塗りつぶさない矩形、つまり外枠だけの普通の四角を描く機能がありません。
外枠だけの普通の四角を描きたい時は、以下のようにするといいでしょう。

1. 描きたい矩形の色を予め選んでおく
2. 矩形選択モードを選び、描きたい矩形の部分を選択する。
temp
3. 選択範囲 → 選択境界の描画 メニューを実行
temp
4. 線幅を指定し、【OK】を押し、Ctrl + D で選択解除
temp

ファイヤーアルパカ>縁取りをする方法 その2

先の記事で、縁取りをする方法を紹介したが、より簡単な方法があった。

1. 「選択範囲」>「レイヤーを元に作成/不透明度」メニューを実行

ここまでは同じで、縁取りをしたい色を予め選んでおいてから

2. 「選択範囲」>「選択境界の描画」メニューを実行

temp

そうすると、上図のようなダイアログが表示されるので、ドロップダウンで「外側に描画」を選び、縁取りのサイズを入力し、【OK】を押すと、現在の色で縁取りをしてくれるぞ。
この方法の方がちょっとだけ操作手数が短いぞ。

ファイヤーアルパカ>縁取りをする方法

絵や文字の縁取りをする方法:

temp

1. メニューから、「選択範囲」>「レイヤーを元に作成/不透明度」を実行

この絵の場合は、背景が透明なので、「不透明度」の方を選びます。
背景が白であれば「輝度」の方を選びます。
そうすると、下図のように、背景部分が選択されます。

temp

2. メニューから、「選択範囲」>「拡張」を実行

そうすると、下図のようなダイアログが表示されるので、拡張するピクセル数を適当に入力します。

temp

ピクセル数を入力し【OK】を押すと、下図のように境界が大きくなった部分が選択されます。

temp

そこでバケツツールを使って、白に塗れば、白枠の完成です。

temp

ファイヤーアルパカ>自由変形

Ctrl + T を押すと、下図のように4隅と4辺に □ マーカが表示され、変形モードになります。
temp
この状態でマーカをドラッグすると、拡大縮小を行なうことができます。

自由変形させたい場合は、Ctrl を押しながら、4隅の □ マーカをドラッグします。
そうすると下図のように、パースを付けたような画像を簡単に生成できます。

temp

この機能を使えば、一度描いた絵をかなり自由に変形できるので、心ゆくまで修正できますね。;^p

ファイヤーアルパカ>白背景部分を透明にする

下図のような画像の白背景部分を透明にする方法:

temp

1. メニューから「選択範囲」>「レイヤーを元に作成/輝度」を実行

下図のように、白以外の部分が選択される。

temp

2. メニューから「選択範囲」>「反転」を実行

下図のように、白の背景部分が選択される。

temp

3. Delete を押す。メニューから「編集」>「切り取り」でも可

下図のように、背景部分が透明になる。
(最後に選択を解除するのは Ctrl + D)

temp

ファイヤーアルパカ>色相を変えて別パターンを作ろう

temp

上図の様に、左側の青のパターンを作った後、右のだいだいのパターンを作りたい場合、「色相」機能を使うといいぞ。

アルパカで レイヤー > 色相 メニューを選択すると、以下のダイアログが表示される。

temp

このダイアログの「色相」のスライダーを 180 にすると、青の逆の色相のだいだいになるぞ。

ファイヤーアルパカ>線画の一部を移動・変形してみよう

投げ縄選択と変形機能を使うと、線画の間違いを簡単に修正できるぞ。

temp

例えば、上図のように袖の先の位置が連続せずずれていることにあとで気づいた場合、その部分を消して描き直すよりも、修正したい部分を投げ縄選択し、変形モードにして移動した方が楽ちんだぞ。

temp

 

L コマンドで投げ縄選択モードにし、上図のように選択し、Ctrl + T を押して変形モードにする。
※ L コマンドが使用可能なのは ver 1.1.14 以上からだ。アップデートしていない人は直ぐにアップデートしよう!

temp

変形モードにすると、上図のように、その部分が選択されて、変形ガイドが表示される。
中央部分をドラッグすると移動することが出来る。

temp

上図のように正しい位置に移動したら、Enter を押して、変形モードを終了する。

temp

また、移動だけではなく、四隅のマーカをドラッグすると比率を保って拡大縮小、四辺のマーカをドラッグすると、その方向にのみ拡大縮小、枠の外側でドラッグすると、上図のように回転することもできるぞ。

 

ファイヤーアルパカ>投げ縄選択

今朝、ファイヤーアルパカで「投げ縄選択」を行う方法を発見して小躍りしてたのだが、1.1.14 にアップデートしたら、下図のようにツールに「投縄選択」が追加されていたでござるぞ。 ^^;;;

temp

ちなみに、以前のバージョンでは、その上の選択モードに入って、左上のドロップダウンで「投げ縄選択」を選ぶといいぞ。

 

FireAlpaca>模写をやってみよう

トレース練習で線を引くのに慣れてきたら、今度は模写をやってみよう。
トレースは元絵を下に表示してなぞるだけだったが、模写は元絵を横に表示して真似て描くことだ。

重要な部分の位置関係や角度を把握して、再現できなくてはいけないので、トレースより難易度が高い。
なので、最初は下図のようにグリッドを表示するとよいだろう。
グリッドを参考にすると任意の位置を正確に確認することが出来るので、正確な模写が可能になる。
ただし、全ての位置をグリッドで確認すると時間もかかるし、トレースとあまり変わらないことになるので、慣れるにしたがってグリッドで位置を確認せず自分の感覚で模写した方がいいと思う。

temp

アルパカでの操作は以下のとおり:

  1. 元絵を探してきてクリップボードにコピー
  2. アルパカでペースト
  3. Ctrl + T で変形モードにし、上図のようにキャンパスの右半分に配置する
    1. 大きすぎたり・小さすぎる場合は拡大縮小する
  4. 元絵のレイヤーの不透明度を50%とかに下げる(グリッドを見やすくするため)
  5. Ctrl + G を押し、グリッドを表示する
  6. 空のレイヤーで模写を行う