どうぶつしょうぎ>ひよこだけの場合

temp

通常の「どうぶつしょうぎ」では田中らによって後手必勝であることが求められているが、上図のように、ライオンとひよこだけの局面から双方が最善を尽くした場合は、先手必勝 or 後手必勝 or 引き分け のどれなのであろうか?

プログラムのチェックもかねて探索してみたところ、上図は先手必勝だった。

必勝手順の初手はライオンを斜め上に上がる手だった。ひよこをとっても良さそうだが、同ライオンとなった局面は後で出てくるが、先手必敗になる。どうやらライオンは相手陣地に近い方が有利なようだ。

H:0 Z:0 K:0
 . *L  .
 . *H  .
 .  H  L
 .  .  .
H:0 Z:0 K:0

ライオンが斜めにあがると、次はひよこをただで取られてしまうので、後手はひよこを取るよりない。
後手もライオンが斜めに上がると、先手ライオンに進まれてしまい、トライを阻止できなくなる。
なので、後手はひよこをとり、先手はライオンで取り返す。
この状態が最初に言及した局面と同じで、ライオンがひとつ進んだ方が勝ちの局面だ。

H:1 Z:0 K:0
 . *L  .
 .  .  .
 .  L  .
 .  .  .
H:1 Z:0 K:0

ここで先手からライオンの頭にひよこを打たれると、後手ライオンが逃げ、先手ライオンがトライできるので、後手はライオンの頭にひよこを打つ一手。先手は横に逃げる。

H:0 Z:0 K:0
 . *L  .
 . *H  .
 .  .  L
 .  .  .
H:1 Z:0 K:0

後手のひよこが移動すると取られるし、後手ライオンが左に移動すると先手にトライされるので、後手ライオンが右による一手。

H:0 Z:0 K:0
.  . *L
. *H  .
.  .  L
.  .  .
H:1 Z:0 K:0

ここで先手が相手ライオン頭にひよこを打つと、ライオンに逃げられてしまい、あとが続かない。
正解は、下図のようにひよこを垂らす手。

H:0 Z:0 K:0
 .  . *L
 H *H  .
 .  .  L
 .  .  .
H:0 Z:0 K:0

放置しておくとニワトリを作られるので、後手は左に寄る一手。

H:0 Z:0 K:0
 . *L  .
 H *H  .
 .  .  L
 .  .  .
H:0 Z:0 K:0

先手ひよこはただ取られるだけに見えるが、成って相手ライオンを左に寄せるのが好手だ。

H:0 Z:0 K:0
 N *L  .
 . *H  .
 .  .  L
 .  .  .
H:0 Z:0 K:0

後手は取るしかない。

H:1 Z:0 K:0
*L  .  .
 . *H  .
 .  .  L
 .  .  .
H:0 Z:0 K:0

で、先手ライオンがひとつ前に進むと、後手は先手のトライを防ぐ手が無い。

H:1 Z:0 K:0
*L  .  .
 . *H  L
 .  .  .
 .  .  .
H:0 Z:0 K:0

というわけで、ひよこをたらして成り捨てるのが絶妙手で、13手で先手の必勝というわけだ。