cocos2d-x v3 > setup.py は何をするのか

cocos2d-x-3.4 直下の setup.py を実行すると、cocos コマンドを使えるようになるのだが、setup.py は何を設定するのか気になる。

実行後のメッセージをよく見ると、何をしたのかが分かる。

->Check environment variable COCOS_CONSOLE_ROOT
  ->Search for environment variable COCOS_CONSOLE_ROOT...
    ->COCOS_CONSOLE_ROOT is found : C:\cocos\cocos2d-x-3.2\tools\cocos2d-console\bin

  ->Remove directory "C:\cocos\cocos2d-x-3.2\tools\cocos2d-console\bin" from PATH!

  ->Add directory "C:\cocos\cocos2d-x-3.4\tools\cocos2d-console\bin" into PATH succeed!
  ->Force update environment variable COCOS_CONSOLE_ROOT
    ->Succeed : COCOS_CONSOLE_ROOT=C:\cocos\cocos2d-x-3.4\tools\cocos2d-console\bin

最初に、環境変数「COCOS_CONSOLE_ROOT」をチェックしている。
古い版(この場合は 3.2)があるかどうかを調べ、あればそれを削除し、
3.4 のパスを設定している。

->Check environment variable COCOS_TEMPLATES_ROOT
  ->Search for environment variable COCOS_TEMPLATES_ROOT...
    ->COCOS_TEMPLATES_ROOT is found : C:\cocos\cocos2d-x-3.2\templates

  ->Remove directory "C:\cocos\cocos2d-x-3.2\templates" from PATH!

  ->Add directory "C:\cocos\cocos2d-x-3.4\templates" into PATH succeed!
  ->Force update environment variable COCOS_TEMPLATES_ROOT
    ->Succeed : COCOS_TEMPLATES_ROOT=C:\cocos\cocos2d-x-3.4\templates

次は、環境変数「COCOS_TEMPLATES_ROOT」。
これも同様に、古い版があればそれを削除し、3.4 を追加している。

->Configuration for Android platform only, you can also skip and manually edit your environment variables
->Check environment variable NDK_ROOT
  ->Search for environment variable NDK_ROOT...
    ->NDK_ROOT is found : C:\Android\android-ndk-r9d

->Check environment variable ANDROID_SDK_ROOT
  ->Search for environment variable ANDROID_SDK_ROOT...
    ->ANDROID_SDK_ROOT is found : C:\Android\android-sdk

->Check environment variable ANT_ROOT
  ->Search for environment variable ANT_ROOT...
    ->ANT_ROOT is found : C:\Apache\apache-ant-1.9.4\bin

そして、Android 関連の環境変数の設定。
NDK, SDK, ANT のそれを設定する。
上記は以前既に設定していた場合だが、新規の場合はここでパスを尋ねてくるので正しいパスを入力する。