12/20までの週間PV数の推移と今後の予測

temp

上図はここ12週間の本サイトの週間PV数の推移グラグだ。
「はてぶ」によるPV数急増の効果はほぼ無くなり、通常状態に戻った感じだ。
先週のPV数は、その3週間前より約30%増加して 1,2937PVとなった。
これから2週間は年末年始なので、PV数は一時的に減少すると予想される。

temp

 

上図は本サイトのPV数稼ぎ頭ページの週間PV数の推移グラフだ。
vector + string + 時間計測で 約4000PVなので、全体の約30%にもなっている。
C++プログラミング入門ページは 203Users もブックマークされたのだが、PV数の減衰が予想したよりも大きく、予想の1000PV/週には全然達しなかった。
その他はすべて過去最高をマークしている。
vector は8週間前に約1000PV/週になり、今回約2000PV/週となった。年末年始があるのでその分を割り引いて、約10週間後には約4000PV/週となる勢いだが、はたしてそれが続くのかどうかだ。

temp

上図は、最近追加したページの週間PV数の推移。
「C++ クラス入門」のページも「はてぶ」の影響がほぼ無くなり、安定的になった。
list, map は指数関数的増加ペースに乗っかっているようだ。

temp

ちなみに、上図は稼ぎ頭ページの最初の10週間の週間PV数をプロットしたグラフ。
list は 、50PV/週程度から始まり8週間で200PV/週に達っしており、vector のそれと非常によく似ていることが分かる。そうであれば、list のPV数もあと12週間もすれば1000PV/週に達すると期待していいのだろうか?
list の検索数が vector ほどあるとはちょっと考えづらいのだが、どうなんだろう?

あと、指数関数回帰の式をよく見ると、exp の中の x の係数が現在より有意に大きいことがわかる。
これは、PV数にはなんらかの現実的上限値があり、それ以上には増え様がないので、減衰成分が存在するということだ。従って、現状は約8週間でPV数が倍になっているが、その期間は徐々に増大していくということである。