cocos2d-x 3.17 アプリに SDKBOX admob リワード広告を組み込む

  • コマンドプロンプトで sdkbox import admob を実行し、admob プラグインを組み込む
  • プロジェクト/Resource/sdkbox_config.json を開き、”AdMob” > “ads” > “rewarded” > “id” を表示したいリワード広告IDに置き換える
  • sdkbox::AdMobListener 派生クラスを定義し、virtual void reward(const std::string &name, const std::string &currency, double amount) を再実装する
    • このメンバ関数はリワード広告が正しく表示された場合にコールされるので、その処理を記述する
  • sdkbox::AdMobListener 派生クラスオブジェクトを生成し、sdkbox::PluginAdMob::setListener(AdMobListener*) に渡す
  • sdkbox::PluginAdMob::cache(リワード広告ID); をコールし、広告をキャッシュしておく
  • ユーザがリワード広告表示を承諾したら sdkbox::PluginAdMob::show(リワード広告ID); をコールする