cocos2d-x を Android Studio でビルド

※ 環境:Android Studio 3.0.1, cocos2d-x v3.16

・コマンドラインにて cocos New <プロジェクト名> -l cpp を実行するとプロジェクトが作成される。
・プロジェクト名/proj.android-studio を Android Studio で開く
・→ すこし時間がかかるが、Gradle(=ビルド設定)が自動的にビルドされ、プロジェクト自体のビルドが可能な状態になる。
・Build > Make Project を実行しビルド
・→ それなりに時間かかるが、プロジェクト/proj.android-studio/app/build/outputs/apk/debug に プロジェクト名-debug.apk が作成される
・リリース版をビルドする場合は、Build > Generate Signed APK を実行する
・デフォルトでは Classes 以下が一覧に表示されないので、Gradle.Scripts/settings.gradle をダブルクリックで開き、以下を追加する

include ‘:Classes’
project(‘:Classes’).projectDir = new File(settingsDir, ‘../Classes’)
include ‘:Resources’
project(‘:Resources’).projectDir = new File(settingsDir, ‘../Resources’)