【Unity C# スクリプト】GUILayout で GUI コンポーネントを自動レイアウト

void OnGUI() 関数を定義したスクリプトを Canvas などにアタッチすると、GUILayout を使った自動レイアウトを使用することができるぞ。

GUILayout.BeginArea() でエリアを作成し、GUILayout.EndArea() で囲まれる部分にボタンなどのUIオブジェクトを配置していく。
以下は、2つのボタンを持つUIの例だ。

    void OnGUI() {
        GUILayout.BeginArea(new Rect(10, 10, 100, 100));
            GUILayout.Button("Click me");
            GUILayout.Button("Or me");
        GUILayout.EndArea();
    }

temp

もっと複雑なレイアウトにしたい場合は、BeginHorizontal、BeginVertical、BeginScrollView で入れ子エリアを作ることもできるぞ。