【自分用メモ】とうぶつしょうぎ > KKM テーブル

次にKKM(※ M は持ち駒を表す)
KKP 同様に、KK 分の場合の数は 6*7 = 42。

持ち駒は6種類で、値は 0~2 なので、short KKM[6][7][6*3]; で充分。
が、よく考えると、持ち駒の歩が無いのと持ち駒の角が無いのを重複して評価する必要は無いので、
持ち駒数が 1, 2 の場合のみテーブル化し、持ち駒数0 は KK だけで共通化するとよい。

short KK[6][7];
short KKM[6][7][6*2];

要素数は 42*(12+1) = 546 となる。