【自分用メモ】とうぶつしょうぎ > KKP テーブル

先手玉位置を k1, 後手玉位置を k2, 玉以外の盤上の駒タイプ・位置の識別番号を p とするとき、
short KKP[12][12][12*8]; を作っておけば、KKP[k1][k2][p] で評価値を計算できる。
要素数は 12*12*12*8 = 13,824 だ。
先手玉位置が盤面の右側にある場合は左右反転すれば、先手玉位置の場合の数は 8 に減る。
さらに、評価関数は先手番で呼ばれるため、先手玉が相手陣地に入っている場合は既に終局となっていて、
評価関数が呼ばれることは無い。したがって、先手玉位置の場合の数は 6 にな。
同様に、後手玉位置も9に減る。
先手・後手玉が隣接している場合、相手玉を取って終局となるので、これも評価関数で評価する必要は無い。
ただし、テーブルとしては最大数を用意しておく必要があるので、後手玉位置の場合の数は7になる。
玉以外の盤上の駒については、双方の玉位置には配置できないので、その分場合の数が減り、10*8 = 80 となる。

よって、KKP 配列は short KKP[6][7][80]; と宣言でき、要素数は 3,360 となる。
最初の要素数の約3分の1だ。